iPhone6 Plusが片手で使えないから嫌気がさしているアナタへ。 - アイエムGO

iPhone6 Plusが片手で使えないから嫌気がさしているアナタへ。

IPhone 6 Plus 両手

iPhone6 Plusの不満点としてよく挙げられるのが、良くも悪くもその画面サイズゆえの不満だ。

画面がデカすぎて片手で持てないからiPhone 6 Plusは辞めた

こう言う人が結構多くてちょっと悲しくなる。

画面サイズが大きいことが分かって購入したと思うのだが、それだけでiPhone6 Plusを辞めてしまうのは本当に勿体ない。

何故なら2つのアイテムを使えば片手操作がとても楽になるのだ。一つ目のアイテムは文字入力キーボードアプリ「ATOK for iOS」だ。

色々と設定できるので詳細については下の記事を参考にしてみて欲しい。



アプリとしては少々高価な1500円と強気な価格設定なのだが、実はこのアプリ、iPhone6 Plusと非常に相性が良い。

というのも、ATOKには片手操作モードというものが実装されており、この機能を使えば自分の指の近くにスルッとキーボードを呼び寄せることが出来るようになります。

iPhone6 Plus ATOK

またキーボード自体の大きさも調整できるので、まだキーボードのサイズが大きいと感じる人は更に小さく。

反対に小さくなりすぎて誤動作してしまうという人は大きくすることもできる。
(画像は一番小さいサイズ)

ATOK テンキーサイズ 小

これだけでも十分使いやすくなる。

しかし、もっと使いやすくするため次に「バンカーリング」をオススメしたい。

ATOK -日本語入力キーボード App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,600

このバンカーリングは、近頃大型化しているスマホ、もしくはタブレットを片手で操作するために考案された便利なグッズだ。



使い方はとても簡単で、こいつをiPhoneにピタリとくっつけるだけ

後はリング部分を起こして指を通せばおーけー。

ただこれだけなのだが、この安定感が半端ない。
iPhone6 Plusぐらいの大きさだとしっかりと持っていなくてはいつ落としてしまうかヒヤヒヤするがバンカーリングを使えば何も意識すること無く快適な6 Plusライフを満喫することができる。

ちなみに私は最初からバンカーリングを使用しているのでまだ一度もiPhoneを落としたことがない。



またこれを使用することでiPhoneをしっかりと端まで握る必要が無くなり、親指の稼働範囲が広がる

どのくらい広がるかと言うというとほとんど無理せずに片手で通知センターが開けるくらい。

この操作はバンカーリングを使っていないと絶対に無理です。

ただ、持ち手の反対側の上の方とかは絶対に届かないので、そういう時は両手を使うかホームボタンをダブルタップして片手モードにして使用してます。

iPhone 6 Plusは非常に素晴らしいデバイスなので一人でも多く愛着を持っていただけると嬉しいところです。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タグキーワード
2015-03-23 23:46 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © アイエムGO All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。