Mac版ChromeのAutoPagerが死亡!代替のAutoPagerize・PatchWorkを使う場合の注意点と解決方法。 - アイエムGO

Mac版ChromeのAutoPagerが死亡!代替のAutoPagerize・PatchWorkを使う場合の注意点と解決方法。

autopeger.jpg

製作者の方がストアへの提出を取りやめてしまったのか、Googleから削除されてしまったのか、 理由は定かではありませんが、Autopage3兄弟(自分が勝手にそう言っている)のうちの一人「AutoPager」がChrome web Storeから削除されていました。

「Auto Page」で検索をかけると、以前は出ていたはずのAuto Pagerが出てこない。

autopagerize

個人的にはAutopage系の拡張機能は無くてはならない存在ですが、「AutoPagerize」「AutoPatchWork」はどうもバグがあって使いにくい。

個人的にオススメは↓のGoogle Auto Next Page。



機能もシンプルでバグとかも無く使いやすいです。


注意点


まぁAutopage系の兄弟なのでできることは皆おなじです。

しかし、使いこなすにはクセを理解しておかなければいけません。

例えば仮にGoogleの検索窓から『Google』と検索してみたとします。

検索 自動.png

もちろん通常通り使用することができます。

autopager.png


で、問題は次。

途中で「間違えた!ホントは『Apple』って調べたかったんだ!」ってなった場合。

検索窓に「Apple」と入力すれば当然Appleの検索結果が表示されます。

一見正常に検索結果が表示されたように見えますが…

apple autopager.png

どーーーん!!! 2ページ目以降は「前回の検索結果」Googleについての結果が引き続き表示されております。

autopager バグ 不具合.png

とまあ、これでは全く使えません。

解決策


とは言っても全くどうしようも無いわけではなく、問題を回避する方法が2つほどあります。

まずはブラウザの検索窓を使う方法。


どうやら検索エンジンの検索窓を使うと出るバグのようで、ブラウザの検索窓を使用した場合だとこの症状はおこりません。

検索エンジンを変更


そしてよくよく調べてみると実はこれ『Googleの検索窓』を使用すると起こってしまうバグみたいです。

つまりデフォルト検索エンジンをGoogleから変更し、Yahoo!Bingに変更することで問題を回避することが出来ます。

「AutoPagerize」と「AutoPatchWork」を快適に使うには検索エンジンをGoogle以外にしておくのが現実的でしょう。

どうしてもAutoPagerが使いたい!


そんな方はストアを経由せずにインストールする方法もあるみたいです。
ただセキュリティ面とかよくわからないので、どうしても入れるのであれば自己責任でお願いします。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タグキーワード
2014-09-05 22:57 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © アイエムGO All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。